æļ™đŸ’§

äģŠæ—Ĩは朝からåĢŒãĒ思いをしãĻæŗŖきぞした(>_<)あるäēēãĢ、『お前そこãĢいるとé‚Ē魔、おいãĻã‚ã‚ˆã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸâ€ŧ

こんãĒäē›į´°ãĒč¨€č‘‰ã§æŗŖくぎかと思われぞすが、äģ–ãĢもあんたをåĻšã ã¨æ€ãŖたäē‹ã¯ãĒい、åĻšã‚‰ã—いことしãĻもらãŖãĻãĒã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚

一į•Ēå‚ˇã¤ã„ãŸč¨€č‘‰ã¯ã“ã“ãĢは書けãĒいãģãŠãŽé…ˇã„č¨€č‘‰ã§įŊĩåŖ°ã‚’æĩ´ãŗせられį§ã¯ããŽæ—ĨおかしくãĒりぞした。æŗŖきįļšã‘ãĒんでæŗŖいãĻるかわからãĒくãĻ、気ãĨいたら手éĻ–ã‹ã‚‰čĄ€ãŒå‡ēãĻãĻâ€Ļ

いつからかäģ˛ãŒæ‚ĒくãĒり、äģŠã€åŽļãĢå‡ēį”Ŗぎé–ĸäŋ‚で帰įœã—ãĻåŽļãĢいぞすīŧå§‰ãŒæĨãĻからぎ毎æ—Ĩは地į„です。

åŋƒãĒã„č¨€č‘‰ã‚’č¨€ã‚ã‚Œįļšã‘、もうåŋƒãŒé™į•Œã§ã—た。

最čŋ‘æŗŖかãĒいようãĢ我æ…ĸしãĻã€æ°—æŒãĄã‚’čŊãĄį€ã‹ã›ã‚ˆã†ã¨ã‚‚しぞしたâ€ŧでもį§ãŽåŋƒãĢã§ããŸå‚ˇã¯å¤§ããéŽå‘ŧ吸ãĢãĒりかけたこともありぞすīŧč‡Ēåˆ†ã‚’å‚ˇã¤ã‘ãĻしぞうこともâ€Ļ母はį§ãŒåŽˆã‚‹ã‹ã‚‰ã­ã¨č¨€ãŖãĻくれぞしたがâ€Ļé›Ŗしいと思いぞしたâ€ŧ

だãŖãĻ母からしたら可愛い娘ですīŧæ€’れるわけがありぞせん。å­ĢがčĻ‹ãĻる前で怒éŗ´ã‚Œã‚‹č¨ŗがãĒいâ€ŧでもį§ãĢはåŽļで厈ãŖãĻくれるぎは母しかいãĒいぎでäŋĄã˜ãŸã„と思いぞす❗

16æ—ĨãĢ帰るそうです。äģŠã¯ããŽæ—ĨãŒåž…ãĄé ã—ããĻâ€Ļ旊く帰ãŖãĻãģしいですâ€ŧ

æŗŖきãĒがらäģŠæ—ĨはåŽļをå‡ēãĻ駅ãĢ向かいぞした。į›ŽãŒčĩ¤ããĒãŖãĻãĒいかåŋƒé…ã§ã—ãŸãŒãƒĄã‚¤ã‚¯ã§ãĒんとか隠せたãŋãŸã„ã§ã™đŸ€

気分čģĸ換ãĢã‚ŋãƒĒãƒŧã‚ēã¸čĄŒããžã—ãŸâœ¨įžŽå‘ŗしいã‚ŗãƒŧヒãƒŧãĢį™’されぞした✨ã‚ŗãƒŧヒãƒŧがåĨŊきãĒぎでã‚ŗãƒŧヒãƒŧはį§ãŽå…ƒæ°—ぎæēã ã¨æ€ã„ぞす✨

ãĒãĢã‹čž›ã„ã“ã¨ãŒã‚ãŖたとき、すぐé€ŖįĩĄã§ãã‚‹å‹ã ãĄãĢも感čŦã—ãĻãžã™đŸ’•å‹ã ãĄãŽå­˜åœ¨ãŒį§ã‚’į™’しčŊãĄį€ã‹ã›ãĻくれぞす✨

いつも劊けãĻくれãĻã‚ã‚ŠãŒã¨ã†đŸ€

æļ™ã‚’æĩã™ã“とはすãŖきりするんだãĒと攚めãĻ感じぞしたđŸ˜ĸ
f:id:mana26:20161107201911j:image